●TOP

●CALMS

●もよおし

●これまでのこと

●mail

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

●2017.7.11

鈴木大介『12のエチュード “12 Etudes”』楽譜出版お披露目ツアー
DOOR公演

熱気に包まれながら終了しました。

2016年3月に中島ノブユキさんのレーベルSOTTOよりリリースされた
『12 Etudes for Guitar Solo』 

詩情をたたえた映像美溢れる作品を初めて聴いた時、
こじんまりした親密感のある空間でこの世界観にどっぷりつかりたいと思いました。 
今回DOORの空間で、山陰公演を実現させていただいたこと
本当に感謝しています。 

会場入り後、すぐにギターをポロポロと弾き始める鈴木さん。
リハーサルで、ふと奏でられた一音の美しさに
うっかり涙しそうになったり
でもずうずうしく中庭での演奏をおねだりしたり。

誠実で温もりが伝わる演奏。
アルペジオはさらなる加速をみせ、
跳ね上がるようなギターのつまびく美しさに
さらに研ぎ澄まされるような緊張感もあり
夢幻的な佇まいにすっかり身を委ねてしまいました。

今回、開演までの時間はフードデザイナーの太田夏来さんに
お弁当とおにぎり、ガスパチョを用意していただきました。
(私人生最高のお出汁ガスパチョ!)

ライブ後も夏来さんが用意してくれたお料理で
鈴木さんを囲んでささやかな会を催しました。
DOORオーナーの高橋香苗さんと夏来さんのおかげで
とても心強く、終始楽しい時間となりました。

ムシムシと暑い中ご来場いただきましたお客様ありがとうございました。
限られた空間で、暑かったり寒かったりもあったかもしれませんが、お客様の聴き入る姿は真剣そのものでした。
それを見られることが私にとっては何よりのご褒美です。

最後に、本公演の企画を持ちかけてくださったSOTTOレーベルの中島ノブユキさん、インパートメント稲葉さん、
公演宣伝にご協力くださった方々、関わってくださったすべての方々にお礼申し上げます。
本当にありがとうございました。