●TOP

●CALMS

●これからのこと

●これまでのこと

●mail

 

 

●これからのこと

伊藤ゴロー『捨てられた雲のかたちの』米子公演

2018.3.31(土)@ゆう&えんQホール

※終了しました。

時間と空間を越境するギタリスト、伊藤ゴロー
美しく想像力を掻き立てられるソロ3部作
『GLASHAUS』『POSTLUDiUM』『捨てられた雲のかたちの』
ギターで狂おしいほどの情熱を込めて演奏する繊細で精緻な独自の メロディーと和声を、今回はジャズ・ピアニストとしてだけではなく、各方面から注目を浴びる気鋭のアーティスト佐藤浩一とのデュオで描きます。

 
今まで数多く観たライブの中でも、最も感動したともいえる印象的な公演が 2017年の Goro Ito featuring Jaques Morelenbaum 岡山蔭凉寺公演でした。 世界的な活躍をするジャキス・モレレンバウムのチェロの音色はえも言われぬ美しさだったけれど、何よりも伊藤ゴローさんの内省的詩情、内に秘めたる情感が心の奥に突き刺さりました。また昨年リリースされた『捨てられた雲のかたちの』は、 ゴローさんのアヴァンギャルドなサウンド、様々な土地で独自で貫いてきた音が立ち現れてくるようで心震えずにはいられません。

 
『GLASHAUS』を初めて聴いた時の感覚は特別なものでした。 遠い記憶が呼び起こされるような懐かしい気持ち 胸を締め付けられるほど切ないけれど、 その繊細な音の中に、狂おしいほどの情熱が宿り ふんわり優しいグレーの余韻が果てしなく広がっていきました。


伊藤ゴローさんの作品は、その高い音楽性はもちろんのこと、 タイトルの響き、ジャケットの美しさにも心奪われます。 ジャケットデザインは3作品とも詩人・散文家であり造本家の平出隆さんによるものです。 『GLASHAUS』では架空の国の切手を作り続けたドナルド・エヴァンズの余白たっぷりのデザイン。 『捨てられた雲のかたちの』のタイトルは平出隆著『若い整骨師の肖像』から。 ジャケットは平出隆のprivate print postcard 046から。 音楽と結びついて空想する時間が、この上もなく幸せな時間です。 ゴローさんの音楽を通じて、多くの方と溢れ出る喜びの部分を分かち合いたい、と心から思います。

* * * * *

伊藤ゴロー『捨てられた雲のかたちの』米子公演詳細

2018年3月31日(土)
開場18:00 開演19:00
出演 伊藤ゴロー(ギター)、佐藤浩一(ピアノ)
料金 前売3,500円 当日4,000円
ご予約・お問い合せ(CALMS)
E-mail calmscenesss@gmail.com
※ご予約時に①公演名②お名前③人数④ご連絡先電話番号の4点をお伝えください。
※公演当日の受付時にご精算となります。

会場:ゆう&えんQホール (米子市淀江町西原1332-55)

(靴を脱いでいただくホールです)

* * * * *

伊藤ゴロー
Goro Ito : Guitar

青森市出身。作曲家、ボサノヴァ・ギタリスト、音楽プロデューサー。MOOSE HILL名義で2001年にソロ活動を開始。ボサノヴァ・フィーリングを感じさせる独自のサウンドでボサノヴァ〜クラシック〜ロックとジャンルを横断し音楽を探求。伊藤ゴローアンサンブル『アーキテクト・ジョビン』がハイレゾ音源大賞&2017年ブラジルディスク大賞2位を受賞。ソロ活動以外にも、坂本龍一、細野晴臣、高橋幸宏他との共演、ジョアン・ジルベルト直系と言われるボサノヴァ・デュオnaomi & goroのとしてアルバムのリリース及び韓国・中国・台湾公演など国内外で活動する。近年のプロデュース作品は原田知世『音楽と私』V.A.『ゲッツジルベルト+50』他多数。
また、詩人で造本家の平出隆との《Crystal Cage College》の開校、原田知世と歌と朗読の会『on-doc.(オンドク)』を全国各地にて開催。
2017年は映画『君と100回目の恋』OST、『捨てられた雲のかたちの』もリリースしている。 http://itogoro.jp

 

佐藤 浩一
Koichi Sato : piano

楽器に囲まれた幼少期を過ごすうち、高校生の頃にジャズに出会い、音楽大学への進学を決意。在学時代にバークリー音楽大学に留学を希望し、ボストンでダニーロ・ペレス氏らに師事する機会に恵まれる。卒業後の2006年、ニューヨークに移住しケヴィン・ヘイズ氏らに師事、ピアニストとしての技術に徹底した磨きをかけた。
帰国し全国で演奏活動し始めるなか、2010年に小林桂の録音に、編曲家としても参加。その才能が注目を浴びはじめ、ソロ・デビュー・アルバム「ユートピア」(2011年PONY CANYON) をリリースする布石ともなった。
「Melancholy of a Journey」「Bungalow」「rabbitoo」「Cool Jazz Project」「橋爪亮督グループ」「本田珠也トリオ」などで活躍。即興を中心とした演奏活動と並行して、作曲・編曲活動やオーケストレーションの研究を独自に進め、出身校の洗足学園音楽大学で非常勤講師として、後進の指導にもあたっている。
koichisato.com

* * * * *

◆伊藤ゴロー GORO ITO「GLASHAUS」

◆『捨てられた雲のかたちの』trailer

* * * * *

『GLASHAUS』

『POSTLUDiUM』

『捨てられた雲のかたちの』

 

主催:CALMS  協力:333discs 、SONG X JAZZ Inc,.


 

2018.02.17-18告知
本と音楽 木彫りと珈琲 ふゆの、山陰流し。@DOOR

 

2018.01.17告知
Carlos Aguirre Japan Tour 2018 “La musica del agua ”@ゆう&えんQホール

 

2017.11.07告知
藤本一馬『FLOW』Trio Feat 林正樹&西嶋徹@ゆう&えんQホール

 

2017.10.11告知
Henning Schmiedt Japan Tour 2017@ゆう&えんQホール

 

2017.7.11告知
鈴木大介Guitar solo live@松江DOOR

 

2017.5.13告知
Satoshi Kitamura Bandoneon Solo Live@PARADE

 

2017.3.11告知
林正樹『Lull』ソロピアノ・ニシガワ・ツアー2017

 

2017.3.10 告知
三月の灯りをつくる。

 

2017.2.4-5告知
流しのCD屋 ふゆの、山陰流し。

 

2016.12.17-18告知
BEAU PAYSAGE la montagne
木の温もり、大地の優しさ~冬の水辺の音楽と食事~